不用品回収する前に知っておきたい家電リサイクル法とは

地球環境の悪化を防ぐために

おすすめリンク

不法投棄は絶対にしてはいけない

まずは、家電リサイクル法に含まれる家電を知ってください。
すべての家電が、リサイクル法に適応されるわけではありません。
エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機や乾燥機が家電リサイクル法に含まれる種類です。
これらが必要なくなった時は、適切な処分をしなければいけません。
その辺に、捨てることは絶対にしないでください。
不法投棄は犯罪なので、厳しく罰せられます。
また不用品回収業者に任せる人もいますが、業者が不法投棄をする可能性があります。

家電を購入したお店に持って行くことで、引き取ってくれます。
お店であれば、適切な処理をするので不法投棄される心配はありません。
どこのお店で買ったのか、わかるようにメモしておきましょう。
また購入したお店でなくても、メーカーに相談すると引き取ってくれるかもしれません。
どうしてもどこのお店で買ったのか思い出せない場合は、メーカーに相談してください。
近くに会社があれば、そこに持って行きましょう。

メーカーも、買ったお店もわからない家電を処理したい時があると思います。
自治体に相談すれば、引き取ってくれることが多いです。
自分が住んでいる地域の、自治体に連絡してください。
また自分で、指定された回収場所へ持って行くことも可能です。
その場合は郵便局や銀行でお金を支払ってから、回収場所へ持って行くなど手順が決まっています。
初めて家電リサイクル法に含まれる家電を処理する場合は、手順を事前に把握してから行動しましょう。